創価学会の牧口常三郎初代会長は、著作『人生地理学』の中で、“湖沼は大いなる影響を青少年の心に与える”と論じています。戸田城聖第2代会長は、「琵琶湖のほとりに青年の研修の場をつくりたいものだ」と語り残しました。池田大作名誉会長は、「滋賀こそ、人材育成の理想的な天地なのである」(「随筆 新・人間革命」〈輝け創価の理想郷〉)と。
三代会長の心を受け、滋賀創価学会の私たちは、青年や子どもたち、新会員の育成に全力で取り組んできました。今、立派に成長した創価の若鮎たちが、世界を舞台に躍動しています。